読書日記55 『怪 vol.51』




今号の特集は「アニメと妖怪」
どちらも大好物なのでうれしい!!


『夏目友人帳』『蟲師』そして
現在放送中の『妖怪アパート』あたりが
自分の好みの作品。


妖怪アニメの100年史もあったが
妖怪とアニメって昔から
相性がよかったのだなぁ。


妖怪VS人間的な物語から
妖怪が人間と共生していたり
人間を癒やすものとして描かれるように
変遷しているというのは興味深かった。


子供の頃少し怖くて
見れなかった妖怪アニメだが
最近は妖怪アニメで癒やされているのは実感!


小説にも妖怪や妖かしなどが登場するものが
多くなっているのも本屋の棚を見れば判る。
若い人たちが本を読む入口には
良いのかもしれないが
大人向けのものも増えるといいなぁ。


連載では荒俣先生の自叙伝は
相変わらず面白い。
『虚談』はオチが判っているのに怖い。
しかし「ハウスっ!」って・・・(笑)


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック