読書日記53 『新八犬伝』







アラフィフには懐かしい『新八犬伝』
『プリンプリン物語』は映像がかなり残っていて
今になって再放送までされているのに
こちらは見ることができないのが悲しい。


『新八犬伝』の頃には
普及していなかった家庭用の録画機が
『プリンプリン』の頃には
広がり始めていたかららしい。
時代を感じるわねぇ(笑)


この作品は石山透のシナリオを
放送作家の重金碩之がノベライズしたもの。
大人になってから知ったのだけど
『時をかける少女』が原作の
『タイムトラベラー』なども石山透のシナリオ。


「閑話休題」とか「因果はめぐる糸車」などなど
坂本九さんの名調子が蘇るような文章で
人形劇で見た場面が目に浮かぶ。


今読み返してみると
荒唐無稽な展開や
ピンチになっても「いざとなったら珠を出せ」ば
助かってしまうお約束は
ご都合主義ではあるのだけど


当時の子どもたちは大喜びだったなぁ。
大人も結構面白がって見てたと思う。
勢いがあったのだろうと思うし
今ではこういう作品は作れないかもしれないとも思う。


リアルタイムで楽しめていたことは
幸運だったなぁ。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック