読書日記2 「コロヨシ!!」

コロヨシ!! (角川文庫)コロヨシ!! (角川文庫)
三崎 亜記

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-12-22
売り上げランキング : 81785

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



三崎亜記は「となり町戦争」を読んだきりで
なんだか難解でシュールな
小説を書く人かと思い込んでました。
こんなエンターメント書く人だとは!


「掃除」という国家の統制下に置かれている
マイナースポーツに励む高校生たちの
ひと味違ったスポ根青春小説です。


サイバーパンクな場面が出てくるかと思えば
「掃除」の用語は古式ゆかしい
言葉遣いだったり
「西域」や「居留地」などの
オリエンタルな雰囲気も漂ってます。


左舷能無(サゲンノーム)や
緑香双樹(ロッカソージュ)のような
言葉の使い方も特徴的ですね。


「この日本」では
どことなく戦争の影が残っていて
国家がいろんな情報操作をしていたり
きな臭い感じもしますねぇ。


「掃除」という競技の細かいところまで
設定が考えられていて
それだけでなく肩車バスケとか
妙な競技もいろいろ出てきて面白いです。


ところで「SLAM DUNK」は
読んだことないのだけど
寺西顧問は安西先生のパロディなの?


しかし良いところで終ってしまった。
(´・ω・`)ガッカリ…
この広げた風呂敷をどう畳んでくれるのか
興味津々です。


早く続きが読みたーい!!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年03月30日 16:18
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

この記事へのトラックバック

  • 「コロヨシ!!」三崎亜記

    Excerpt: 20XX年、掃除は日本固有のスポーツとして連綿と続きつつも、何らかの理由により統制下に置かれていた。高校で掃除部に所属する樹は、誰もが認める才能を持ちながらも、どこか冷めた態度で淡々と掃除を続け..... Weblog: 粋な提案 racked: 2012-03-30 15:56