読書日記15 「猫の縁談」

猫の縁談 (中公文庫)猫の縁談 (中公文庫)
出久根 達郎

中央公論新社 2009-06
売り上げランキング : 766021

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



表紙の猫ちゃんが可愛くて
普段はあまり読まないジャンルですが
つい買っちゃいました。


猫の縁談という題名から
ほのぼのした内容のエッセイかと
古本にまつわる短篇集ですね。


「猫の縁談」は古書と引換に
猫を引き取って欲しいと言ってきた老人の話。
老人の末期は哀れだけど


古書に目がくらんで猫を引き取ったのに
いつの間にか猫にメロメロな男達がユーモラス。


「腹中石」は古書業界の
裏話的な内容。
古書とか骨董とかの来歴って
ミステリアスな部分が結構ありますね。


「そつじながら」と「猫阿弥陀」は
繋がっている話なのかな。
戦時中の話と現在の話が
交錯して不思議な話。


猫好きというよりも
本好き、古書好き向けの小説ですね。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック