水木さんの生き方

NHK教育の「知るを楽しむ―人生の歩き方」
「水木しげる」大先生の特集をやってます。


鬼太郎はもちろん子どもの頃から知っていましたが
作者自身に興味を持ったのは
京極先生の著書やら世界妖怪会議などから。


先日の放送の内容は子どもの頃の話が中心でした。
以前「怪」に自伝漫画が掲載されていたので
知ってはいたものの本人の口から聞くと
更に味わい深いものがあります。


ゆっくり寝てたっぷり朝ごはんを食べてから
学校に行くので2時間目から登校していたとか
死に対して興味を持ち、試しに弟を殺してみようとしたとか。


楽しさいっぱいの少年時代といいつつも
現代だったらかなりの問題児ですわ。
それをおっとりした口調で語られると
ついつい笑ってしまいます。


算数は0点でもニーチェやゲーテを愛読する少年
まさに天才です!
あと3回放送されるようですが続きが楽しみです。


しかし京極先生はじめとして
水木さんの話をする時には
なぜか水木口調になるのはなぜでしょう。
やはり影響力が大きいのでしょうかね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック